髪結ひ辰乃の創作人形

毛植え技法による生え際の美しい人形

和裁なのに型紙を使うわけ

先日の記事で、「型紙」を使っていましたが、
「和裁なのに、なぜ型紙を?」と疑問をいだかれた方もいらっしゃるかしら。
そうなんです、和裁は通常は「型紙」は使いません。
布に直接、寸法を印していくものなのです。

しかし~あの「裾ふき」の丸いカーブは複雑な製図なので、
型紙を作ることもあるそうなんです。
だから、部分的には型紙使用も、ありなんですね。

型紙の活用には、もうひとつありまして…


人形の衣裳に使う着物地は、できるだけ絹布にこだわりたいと思ってますので、
染物屋さんで端布を探したり、骨董市で見つけたりと。

で、ようやく手に入れた「古布」。
シミとかキズとか…ま、いろいろあるわけですが、
程度のよろしい部分を使います。
そしてまた、柄の部分も、
お人形の雰囲気に合うように、良い柄をどの場所に使うか
と、悩みます。

こんなときにも「型紙」が活躍します。
よい柄の部分に型紙を並べてみて、すべてのパーツがもれなく取れるか、
パーツの中に、キズやヨゴレが無いか見るのです。

そして、着物地を裁つわけですが、
生地の使える部分は限られてきますので
間違えて切ってしまったら代わりがありません。
なので、着物地を裁つときには、とっても緊張します(^^;
断ち切るところにチャコペンで印しをつけて、
さらに、糸で糸印をしてから布を裁ちます(かなり慎重派?)。

↓こんなふうに
着物しるしつけ
うっかりこの先まで切ったら、向こうにあるパーツが使い物になりませんからね~
あ~ドキドキの裁断です(^^)



にほんブログ村 
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
いつも応援ありがとうございます
よろしかったらポチっとおねがいします

おいらんもおまちしているでありんす♪
web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/05(火) 18:30:00|
  2.  衣裳
  3. | コメント:2
<<裾ふき二枚重ね 仕立て上がり | ホーム | 着物の裾ふき 褄の仕立て>>

コメント

こんばんは ちあきです。

和裁!
う~~ん 頭痛が 熱が・・・。

でも 古布探しは 大好きです。
この柄 いい!という所に限って、シミがあったりするのですよね~。
色とか 柄とか 昔のものって おもしろい。
大人の大きさだと どうだろう…というものでも、小さくつくると かわいいですよね。巾着袋が好きで、よくつくります。(私じゃなく、母が…)

布の分量が ギリギリ!きゃー どっきどきですね~。でも 楽しんでいるのでしょうね~。
やっぱ 自分で 考えて創るって 楽しいね!!
  1. 2013/02/08(金) 01:27:56 |
  2. URL |
  3. ちあき #-
  4. [ 編集 ]

Re:  ちあきさんへ♪

ちあきさん~♪
コメントありがと~~

こうやって記事にすると、なんだかサクサク作ってるように見えますが、
ここだけの話、運針が苦手でして~(^^;
ひと針ひと針…チマチマとしか縫えないので、すごーく時間かかちゃいます。
ま、ヘタでも時間かければここまで出来る!ということです。
スイスイ縫ってる人を見ると尊敬しちゃいます~
縫っていく手順も ときどき忘れるので、本を傍らに…という感じですよ。

「丁寧なのは良いが仕事が遅い」とか言われそうですが、
いまやってる、お人形作りは「納期」とか「〆切」とかないですから~
マイペースで楽しんでます。
なので「丁寧なのは良い」の部分は貫き通すつもりです(^^!

好きなのはアイロンがけ(^^)
縫い終わるたびに、こまめにアイロンをあてていくと仕上がりが綺麗に見えるのよね。
そして、和裁では、縫い目を割らずに片側に倒すときに、
糸目に少しかぶるくらいに折り返す(キセをかけるといいます)ので、
縫い目が多少曲がってても(ごまかせるのよね えへへ)
で、あとはアイロンがけ~~♪ でビシっとなりますわ。

布の分量がね、今回は特にギリギリでして、
なのに無謀にも、柄合わせをしようとしてるのでね。あはっ。
きゃー とか言いながら、はい!楽しんでます~♪
  1. 2013/02/09(土) 00:50:21 |
  2. URL |
  3. 髪結ひ辰乃 #zp.b0tIQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

髪結ひ辰乃

Author:髪結ひ辰乃
創作人形作家。毛植え技法研究家。
毛植えによる自然な生え際が特徴のお人形です。石塑粘土による造形、着物の仕立て、日本刺繍、結髪などの制作過程も。衣裳から小物小道具までも可能な限り自作してます。
ブログには、日々の制作過程を中心に綴ってます。
ホームページもあります~♪
ツイッターも見てね(*´▽`*)/

おしらせ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『辰乃の人形教室』
『人形作家の為の毛植え講習』
※現在募集はありません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2017年の出品予定】
●神奈川地区センターまつり
 2017年10月21日(土)
    .10月22日(日)
●ドールワールドリミテッド
 2017年12月3日(日)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【2016年の出品】
●帝都創作人形會定例展示会
「第四回帝展」
●神奈川地区センターまつり
●第3回チームコヤーラ創作人形公募展
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2015年の出品】
●チーム・コヤーラ主催「創作人形展 それからの人形達展」
●神奈川地区センターまつり
●帝都創作人形會定例展示会
 第三回『帝展』
●ドールアート展inうつくしま『第7回全国創作人形コンクール』
●雛のまち岩槻『創作人形公募展』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【掲載】
人形情報誌 P.D.N の14号に、紹介記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリ

ごあいさつ (5)
おしらせ (2)
創作人形 (171)
 作品の紹介 (6)
 人形制作 (69)
 髪結ひ (15)
 衣裳 (48)
 お細工物 (22)
 日本刺繍 (3)
 小道具 (8)
辰乃の人形教室 (16)
展示 (31)
イベント (7)
結髪師 (8)
歌舞伎 (1)
ひとりごと (4)
未分類 (7)
街歩記 (5)

最新記事

アーカイブ

*西暦をクリックすると月別アーカイブが表示されます

メールフォーム

作品についてのお問い合わせ、毛植え技法講習のお申込みは、こちらのメールフォームからどうぞ。 ※本文に、お名前・メールアドレス・職業・住所・電話番号を必ず記入してください。 ※ニックネームやユーザー名のみでのお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※携帯電話への迷惑メール防止のため、パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、こちらからの返信が受信できない場合があります。お問い合わせの際は、ocn.ne.jpのドメインが受信可能な設定にしてください。

検索フォーム

ホームページ

ツイッターはじめました

@dolltatsuno ←大きい画面で見れます
フォローしてね(^^♪

ランキング

『にほんブログ村』に参加しています♪

ブログ村 ブログランキング
美術ブログランキングを見る
創作人形ブログランキングを見る

FC2カウンター