髪結ひ辰乃の創作人形

毛植え技法による生え際の美しい人形

お着物の解きと、シワ取り&スジ消し

 辰乃のお人形の着物は、そのほとんどが人間用の着物(古着)を人形用に仕立て直しています。

年に数回、着物の骨董市に出かけています。
着物は、素材や織・染・色柄が多種にわたります。
イメージに合った着物を探し当てるのは、そう簡単ではないのですよね。
予算なども考えなければ…ですし(笑)
出会いを求めて足しげく通ってます。
出会いというか、もう一期一会なので、コレ!と思ったお品物は手に入れておきます。
そんなお着物が衣装ケースに溜まってきたので、お手入れをしました。



古着物は仕立ての状態で売られているものを入手してますが、
縫い目の中にホコリなどが溜まっている場合があります。
そのままにしておくと生地が傷みやすくなりそうなので、「お着物解き」をします。
仕立てをほどいて一枚の布に戻してあげるのです。



ほどくときは、仕立ての手順を遡るようにほどいていくと楽に早くできます。
当り前のことかもですがね^^;
初めてお着物解きをしたときは闇雲にやっていて随分と時間がかかった覚えがありますが、
今では、お着物解きは楽しみの一つでもあります♪
上手い仕立てをほどくのは仕立ての勉強にもなるのだよねぇ。
(四つ留めの力加減とか、袖の丸み仕上げの糸運びとか…いろいろ。
その話は、また今度w)

古い物は生地が弱っているものもあるので、気を付けながら丁寧にほどきます。


ほどいてみると、それまでさほど気にはならなかったシミなどが良く解るようになります。
古布
こういう傷んだ部分は使わないようにしています。

すべての縫いを解いたら、水洗い出来る素材はサッと洗っておきます。
洗いが出来ないものはホコリなどを払っておきます。




【シワ取り&スジ消し】

古布のシワ取り&スジ消し
シワや、縫い目についたスジなどをアイロンで消します。
織物の絹製品は中温でアイロンがけです。

!スチームも霧吹きも使用禁止です!(/・ω・)/
でも、着物は縫い目折り目にきっちりとアイロンが当てられているので
中温・スチーム無し・霧吹き無しで全てを消すのは無理なのです。
水洗い出来るものはそれで殆ど消えますが、洗えないものは…、
ででで~、どうやってやるのか~


1. まず、薄絹の当て布を用意します。
薄絹は、胴裏などに使われていたりします。
解いた布で手に入ることもありますので、捨てずに取っておいて、きれいに水洗いしておきます。


2. 薄絹に霧吹きで水をかけます。
私は二つ折りにしたバスタオルの上に広げて霧吹きでかけています。
びしょびしょにならないようにササッとかけます。
余分な水滴はバスタオルに吸い取ってもらいましょう。
さらし布などは水分をたくさん含んでしまいシミになる恐れがありますのでお避け下さい。


3. 湿らせた薄絹を、気になるシワ部分の上に乗せます。
古布のシワ取り&スジ消し
この時、薄絹を乗せただけで着物地に水分が移るような場合は、水を含ませすぎです。


4. そのままでは滑りが悪いので、薄絹の上に和紙を乗せます。
中温のアイロンを当てます。
(画像では和紙は外しています)
古布のシワ取り&スジ消し


5. 大きなシワは取れましたが、縫い目のスジが取れていません。
古布のシワ取り&スジ消し


6. スジを消す時は、汚れていない新しい面相筆を用意します。
水洗いして、糊気を落としておきます。
筆先に少しだけ水を含ませて、スジを軽くなぞるように少し水をつけます。
画像は水を付け過ぎた悪い例です。( *´艸`)
古布のシワ取り&スジ消し
布表でスジの山になっているところにだけに付けると良いようです。
水洗い出来ないような刺繍や金彩などがある部分は避けてください。


7. 和紙を当ててアイロンをかけます。


スジがきれいに消えました!
古布のシワ取り&スジ消し



必ず布の目立たない部分で試してから行ってください。自己責任でお願いします。


お手入れの終わりました古布は、紙筒などにくるくる巻いておくと再びシワができにくくなっていいです。
一反の反物に戻ったようで、眺めては くふふ♪ と至福を感じるの。
(*´▽`*)~


応援おかたじけ よろしゅうお願いしんす
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
よろしかったら ポチっと↑クリックおねがいします♪
にほんブログ村ブログランキング



花魁もお待ちしてるでありんす web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/11/05(水) 18:11:00|
  2.  衣裳
  3. | コメント:0
<<私、恋をしています | ホーム | 毛植えと人形の髪について特徴と取り扱い方など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

髪結ひ辰乃

Author:髪結ひ辰乃
創作人形作家。毛植え技法研究家。
毛植えによる自然な生え際が特徴のお人形です。石塑粘土による造形、着物の仕立て、日本刺繍、結髪などの制作過程も。衣裳から小物小道具までも可能な限り自作してます。
ブログには、日々の制作過程を中心に綴ってます。
ホームページもあります~♪
ツイッターも見てね(*´▽`*)/

おしらせ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『辰乃の人形教室』
『人形作家の為の毛植え講習』
※現在募集はありません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2017年の出品予定】
●ドールワールドリミテッド
 2017年12月3日(日)
●神奈川地区センターまつり
 10月21日.22日(終了)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【2016年の出品】
●帝都創作人形會定例展示会
「第四回帝展」
●神奈川地区センターまつり
●第3回チームコヤーラ創作人形公募展
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2015年の出品】
●チーム・コヤーラ主催「創作人形展 それからの人形達展」
●神奈川地区センターまつり
●帝都創作人形會定例展示会
 第三回『帝展』
●ドールアート展inうつくしま『第7回全国創作人形コンクール』
●雛のまち岩槻『創作人形公募展』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【掲載】
人形情報誌 P.D.N の14号に、紹介記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリ

ごあいさつ (5)
おしらせ (2)
創作人形 (178)
 作品の紹介 (6)
 人形制作 (75)
 髪結ひ (15)
 衣裳 (48)
 お細工物 (23)
 日本刺繍 (3)
 小道具 (8)
辰乃の人形教室 (16)
展示 (32)
イベント (7)
結髪師 (8)
歌舞伎 (1)
ひとりごと (4)
未分類 (7)
街歩記 (5)

最新記事

アーカイブ

*西暦をクリックすると月別アーカイブが表示されます

メールフォーム

作品についてのお問い合わせ、毛植え技法講習のお申込みは、こちらのメールフォームからどうぞ。 ※本文に、お名前・メールアドレス・職業・住所・電話番号を必ず記入してください。 ※ニックネームやユーザー名のみでのお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※携帯電話への迷惑メール防止のため、パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、こちらからの返信が受信できない場合があります。お問い合わせの際は、ocn.ne.jpのドメインが受信可能な設定にしてください。

検索フォーム

ホームページ

ツイッターはじめました

@dolltatsuno ←大きい画面で見れます
フォローしてね(^^♪

ランキング

『にほんブログ村』に参加しています♪

ブログ村 ブログランキング
美術ブログランキングを見る
創作人形ブログランキングを見る

FC2カウンター