髪結ひ辰乃の創作人形

毛植え技法による生え際の美しい人形

新作『和魂洋才・MIX聖』の全貌

今回の『帝展』にて、
「作品を作るときの、イメージとかは、どこからどうやって作り上げているのですか?」
という問いを投げかけられまして、
そう言われてみれば、イメージが固まるまでの話というものを書いてこなかったなと気づき、
アイデアがどのように生まれてきたのかをお話ししてみようと思います。

まず、さて人形を作ろうという姿勢のそれ以前に、
自分の身の周りや世の中に起こっている出来事などに対して、
自分は何を感じ何を考えているのかを、客観的に俯瞰してみる、という作業をします。
これらは日頃から短い文章あるいは単語などで表して記録しておきます。
収集していくとそれらが「ネタ」になります。

「ネタ」は、単独ではなく幾つも重なったり絡みあったりしていることもありますが、
幾度も分類や再編を繰り返すことによって、少しづつ見えてくるものがあるのです。

そうやって集めたデータ、言わば「ネタ帳」から、
どういうカタチで表現したらよいのかを探っていくのです。

人形のイメージ画を描いたり設計図を描く段階で、
すでに全体像そして細部までも頭の中に描かれています。
ポーズも重要な要素なのでポーズ固定です。

いま、いくつか次作の候補があるので、しばらくはこの作り方になるかも。
粘土を捏ねてから「どんな子にしようかな~」という作り方もやってみたいですが…。



新作の『和魂洋才・MIX聖』。
「和の心」が失われつつあることを憂いながらも、
現代生活では欧米の文化・技術を全否定して生きることはできなくなっています。
日本の伝統文化を現代にそして未来にマッチさせるためには、
相互をMIXさせ新しいモノづくりをしていかなければならないと思うのです。
日本人の優れたところは、単なる他国のコピー品やパクリではなくアレンジ力があるということ。
それが和魂洋才です。
『和魂洋才・MIX聖』

着物と洋服のMIX。
『和魂洋才・MIX聖』

下駄とシューズのMIX。
『和魂洋才・MIX聖』
これらはとても愉快な作業でした。


そして、
この作品には「戦う(闘う)」というイメージ要素があります。
『和魂洋才・MIX聖』

ひとつは、
女性の人権問題。
男女の同権・平等を定め、女子差別の撤廃が求められていますが、
日本ではまだまだ遅れていると言わざるをえません。
ついこの前も、
少子化問題の原因が独身女性だけにあるかのような発言もあり、心が痛みました。
女性はいつまで闘えばよいのでしょう…。
『和魂洋才・MIX聖』


もうひとつは、
国内の基地に関する問題や集団的自衛権、海外での紛争…
数え上げたらキリがないほど「戦」に関係する文字が並んでしまいます。
でも、誰も、本当は戦争なんかしたくない筈。そう信じたい。

『戦え戦え戦え、って、
  ゲームは好きだけど、
   戦争に行きたいわけじゃない』
『和魂洋才・MIX聖』

さて、難しいお話はこのくらいにしておきましょう(笑)

作品の全体イメージとして、戦闘フィギュアを思わせるような頭身とポージング。
でも、素材は合成樹脂ではありません(笑)
髪を植え髪を結っています。
衣裳も素材に着色ではなく、ちゃんと仕立てた着物を着付けています。
創作人形じゃなくちゃ出来ない事、を強調するために「あえてフィギュアっぽく見せる」という手段を使いました。
「フィギュアにはこんな事出来ないだろっ!」という挑戦状かもしれません(笑)
『和魂洋才・MIX聖』



第二回『帝展』は、西荻窪のGalleryMADOさんで9月19日から21日まで開催しました。
「帝都創作人形會」は、作風も技法も様々な人形作家の集まり。
今回の展示会も、個性と個性のぶつかり合い。
第二回『帝展』
全体の雰囲気を纏めようとか、似たような作品を同じ棚に揃えようなんて考えは一切無い。
第二回『帝展』
あえて異なるテイストを隣合せぶつかり合い喧嘩するぐらいの、カオスに満ちた空間を目指して作り上げてみた。
公募展ならば、ありがちな風景だが、
グループ展でここまで多種多様な人形が集結するのも珍しい。
今後はどのように発展していくのか楽しみだ。


ご来場くださいました皆様ありがとうございます。
応援してくださいました皆様、
陰で支えてくれた家族や友人、
ありがとう、ありがとう、ありがとう。




応援おかたじけ よろしゅうお願いしんす
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
よろしかったら ポチっと↑おねがいします♪
にほんブログ村ブログランキング



花魁もお待ちしてるでありんす web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/09/24(水) 21:40:00|
  2. 展示
  3. | コメント:4
<<【募集】毛植えの技法を教えます!『人形作家の為の毛植え講習』 | ホーム | 女子の武器!【和魂洋才MIX聖】 画像多め☆彡>>

コメント

こんにちは。
いやあ、イメージのお話、大変興味深かったです。
特に思い入れの強い作品は、見る側の頭の中がついていってないことがありますものね。
イメージを形にしていく作業の中に辰乃さんがあるんですね。^^
  1. 2014/09/27(土) 12:22:43 |
  2. URL |
  3. マダム猫柳 #EHyT.yes
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

う~~~ん、深いっ!
「和の技術を以てしての、洋への挑戦!」
と、勝手に考えておりました。
もっともっと、想いは多様にあったのですね。
自分、考え無しだわぁ…(しみじみ…)。

「ネタ帳」!
言葉集めはしてます!(いや、胸を張るな…)
お気に入りの糸綴じノートに、ちまちまと…。
活かされたことは…未だ無い…。
いつか活かされる、はず!

先日も、ごちゃごちゃと弱音を吐きご迷惑をおかけしました。
ちょっと回復事項がありまして、
動画のコメントで、
「主さんの動画で、私は救われました」
と、あったのです。
何が、どうしてかは分かりませんが、お役に立った?
こんなのでも、良かった?
なんか、嬉しかった…です。

長々と、申し訳ない です。
  1. 2014/09/27(土) 13:50:36 |
  2. URL |
  3. CHACHA #-
  4. [ 編集 ]

マダム猫柳さんへ♪

難しい話になってしまいました(^^;コメントありがとうございます。

お人形の、愛おしむ玩具としての役割は大きいので、
こんな話をしたら皆さん引いてしまうのだろうなと思いましたけど(笑)
わたしの創作表現には何かを感じてもらいたい、何かを考えてもらいたいという欲求があります。
それを、お人形のカタチを借りているというところに解りづらさを生んでいるかもしれません。

出来ればこういう「思い入れ」の部分はコトバで語らずとも伝わるのが良いのでしょうけど、
まだまだまだ未熟なのだなと感じています。
でも、一方では、公開した時点で作品は独り歩きをさせるのも良いのでは、とも考えてます。
ただただステキと思うもよし。こんな技術を真似したいと思うのもよし。
よく解らないわと見捨てられるもありで(笑)

自分でも自分のことはよく解ってないのです( *´艸`)
自分探しの作業なのかもですね。
  1. 2014/09/27(土) 17:32:21 |
  2. URL |
  3. 髪結ひ辰乃 #zp.b0tIQ
  4. [ 編集 ]

CHACHAさんへ♪

えへへ、深いっ話になってしもた(笑)
コメントありがとう。

「和の技術を以てしての、洋への挑戦!」このことは初期のころから私の創作の根底に流れているものです。そのことを、作品「桜」の頃からいち早くキャッチしてくださっていたCHACHAさんは、私の作品の良き理解者と勝手に考えております(*´▽`*)

深い考えや想いを作品に込めることは、必ずしも必要不可欠とは思ってないでありんす。
作ることを楽しむ、技術を身につけるなど、自分が楽しむことの上に思考を乗せてしまうと、作るという行為を純粋に楽しめなくなる恐れがあるから。
深く考えずに「ただただ可愛いお人形を作りたい」という楽しみたい欲求も、いつまでも持っていたいと思っています。

ネタ帳!いつか活かされるときが来たらすてきですね。楽しみにしてます。

弱音を吐くのも、強気で出るのも、自然なことです。生きてるってことです。
その、もがいていることが、見る人の心に何かを届けるチカラになったのかも。
「こんなものが好き」というのでも、ただそれだけでも、
受け取ってくれるひとは必ずいます。私はそう信じています。

わわわ、お返事まで硬い話になっちゃったな(笑)
いつもお付き合いありがとう♪
  1. 2014/09/27(土) 17:40:18 |
  2. URL |
  3. 髪結ひ辰乃 #zp.b0tIQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

髪結ひ辰乃

Author:髪結ひ辰乃
創作人形作家。毛植え技法研究家。
毛植えによる自然な生え際が特徴のお人形です。石塑粘土による造形、着物の仕立て、日本刺繍、結髪などの制作過程も。衣裳から小物小道具までも可能な限り自作してます。
ブログには、日々の制作過程を中心に綴ってます。
ホームページもあります~♪
ツイッターも見てね(*´▽`*)/

おしらせ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『辰乃の人形教室』
『人形作家の為の毛植え講習』
※現在募集はありません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2017年の出品予定】
●神奈川地区センターまつり
 2017年10月21日(土)
    .10月22日(日)
●ドールワールドリミテッド
 2017年12月3日(日)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【2016年の出品】
●帝都創作人形會定例展示会
「第四回帝展」
●神奈川地区センターまつり
●第3回チームコヤーラ創作人形公募展
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2015年の出品】
●チーム・コヤーラ主催「創作人形展 それからの人形達展」
●神奈川地区センターまつり
●帝都創作人形會定例展示会
 第三回『帝展』
●ドールアート展inうつくしま『第7回全国創作人形コンクール』
●雛のまち岩槻『創作人形公募展』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【掲載】
人形情報誌 P.D.N の14号に、紹介記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリ

ごあいさつ (5)
おしらせ (2)
創作人形 (171)
 作品の紹介 (6)
 人形制作 (69)
 髪結ひ (15)
 衣裳 (48)
 お細工物 (22)
 日本刺繍 (3)
 小道具 (8)
辰乃の人形教室 (16)
展示 (31)
イベント (7)
結髪師 (8)
歌舞伎 (1)
ひとりごと (4)
未分類 (7)
街歩記 (5)

最新記事

アーカイブ

*西暦をクリックすると月別アーカイブが表示されます

メールフォーム

作品についてのお問い合わせ、毛植え技法講習のお申込みは、こちらのメールフォームからどうぞ。 ※本文に、お名前・メールアドレス・職業・住所・電話番号を必ず記入してください。 ※ニックネームやユーザー名のみでのお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※携帯電話への迷惑メール防止のため、パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、こちらからの返信が受信できない場合があります。お問い合わせの際は、ocn.ne.jpのドメインが受信可能な設定にしてください。

検索フォーム

ホームページ

ツイッターはじめました

@dolltatsuno ←大きい画面で見れます
フォローしてね(^^♪

ランキング

『にほんブログ村』に参加しています♪

ブログ村 ブログランキング
美術ブログランキングを見る
創作人形ブログランキングを見る

FC2カウンター