髪結ひ辰乃の創作人形

毛植え技法による生え際の美しい人形

日本刺繍と金彩 聖ちゃんの衣裳♪

今回の日本刺繍は、染の柄に沿って刺しています。
ピンクの花は、上前の肩あたりに配置の予定。
葉っぱのところは細い金糸でおさえました。
人形衣裳 日本刺繍
白い花は、脇のあたりになるので刺繍なしで。
金彩が薄くなってたので金泥をたしました。
薄紫色は鳥の羽(*´▽`*)♪
平糸(シワ加工)で「ぬいきり」


こちらは下前。
衿をあわせると見える部分が少ないので刺繍なしで。
人形衣裳 金彩
↑やはり金彩が薄くなってますので(ビフォー)

↓金彩を足しました。(アフター)
人形衣裳 金彩


こちらは衿部分。
金彩が施されてないので(ビフォー)
人形衣裳 金彩

↓あらたに金彩を施しました。(アフター)
人形衣裳 金彩
衿は幅2センチもあれば足りるので必要な部分のみで。




これで、ようやく仕立てを始めることができます。
おたのしみに♪




応援おかたじけ よろしゅうお願いしんす
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
よろしかったら ポチっと↑おねがいします♪
にほんブログ村ブログランキング



花魁もお待ちしてるでありんす web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/07/14(月) 13:36:00|
  2.  日本刺繍
  3. | コメント:5

人形衣裳 キモノの日本刺繍

MIX聖ちゃんの制作作業は
胡粉の地塗りまで完了~
今月はイロイロと用事が立て込んでるので
小間切れにスケジュールを組んでみる。
胡粉作業は中断して衣裳製作へ。



染の着物に日本刺繍を足していく。

人形衣裳 日本刺繍
まだ刺繍の途中~


ヨリの効いた糸が並ぶと
鈍く光る
もはや軽やかさは消え失せた
平面的だった図柄が
厚みを増し
存在を主張し始める








--------------------------
*多忙のため、今週・来週と不在がちになります。
メールやコメントへのお返事が遅くなるかもしれません。
よろしくお願いします。
--------------------------


応援おかたじけ よろしゅうお願いしんす
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
よろしかったら ポチっと↑おねがいします♪
にほんブログ村ブログランキング



花魁もお待ちしてるでありんす web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/07/02(水) 15:08:00|
  2.  日本刺繍
  3. | コメント:4

かむろ着物の日本刺繍

先日の記事に書きました「かむろ着物」には日本刺繍をしています。
きょうは、日本刺繍のことを少しお話ししましょう。

日本刺繍では、絵柄を糸で埋め尽くす方法と
糸で線描のように表す方法があります。

今回は、梅の花の図案を金糸で線描のように表しています。

金糸2本を別の糸でとじつける「駒取りぬい」という技法です。
花弁の輪郭が中心に向かって入り込んでいるところは、
金糸を切らずにとじつける方法で「駒割り」といいます。

かむろ着物

花弁の中心の丸いのは「玉埋め」といって、
金糸1本をぐるぐるととじつけていくものです。
ただひたすら ぐるぐるぐるぐる…です ^^;





もうひとつの花芯は、絹糸で変化をつけてみました。
糸に「より」をかけない「平糸」を渡して、
しべの先は「さがらぬい」、
縫い終わりの玉止めのような感じです ^^

かむろ着物




日本刺繍の金糸は、長いままの「かせ」の状態で販売されています(写真中央)。
これを「駒(写真右上)」に巻き取ってから刺繍に使います。
そういうわけで、金糸・銀糸による刺繍の技法を「駒取り」と呼ぶのだと思います。
写真左下の糸は金糸をとじつけるときに使う「ぞべ糸」。
金糸のときはこの「金茶ぞべ」の他に赤い色の「朱ぞべ」を使うこともあり、
銀糸には「白ぞべ」をとじに使います。
ぞべ…おもしろい名前ですね ^^;
日本刺繍 金糸




日本刺繍の絹糸は「釜糸」といって、こんな紙筒に巻いてあります。
「より」がかかっていない「平糸」の状態です。
図柄に合わせて、これを等分したり足したり、よりを掛けたりして使います。
日本刺繍 絹糸
ん~♪ 絹糸の光沢は美しいですねぇ。
つい、で並べたくなります ^^♪

さて、刺繍には針が必要ですね。
写真左から「大細」、「切附」、「丸めど(より糸用)」、「平めど(平糸用)」。
長さは27ミリくらい。
「平めど」は手打ち製♪、その他は機械製です。
手打ちの針はとても刺しやすいのですが、今や入手困難になってきています。
作ってくださる職人さんが減っているそうです (T.T)
針を乗せているのは針刺しです。
固いフェルトで出来ていて、針がもぐってしまわないので使いやすいです。
日本刺繍 針



にほんブログ村 
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
いつも応援ありがとうございます
よろしかったらポチっとおねがいします

おいらんもおまちしているでありんす♪
web拍手 by FC2

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/10/07(日) 19:00:00|
  2.  日本刺繍
  3. | コメント:9

プロフィール

髪結ひ辰乃

Author:髪結ひ辰乃
創作人形作家。毛植え技法研究家。
毛植えによる自然な生え際が特徴のお人形です。石塑粘土による造形、着物の仕立て、日本刺繍、結髪などの制作過程も。衣裳から小物小道具までも可能な限り自作してます。
ブログには、日々の制作過程を中心に綴ってます。
ホームページもあります~♪
ツイッターも見てね(*´▽`*)/

おしらせ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『辰乃の人形教室』
『人形作家の為の毛植え講習』
※現在募集はありません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2016年の出品】
●帝都創作人形會定例展示会
「第四回帝展」
●神奈川地区センターまつり
●第3回チームコヤーラ創作人形公募展
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2015年の出品】
●チーム・コヤーラ主催「創作人形展 それからの人形達展」
●神奈川地区センターまつり
●帝都創作人形會定例展示会
 第三回『帝展』
●ドールアート展inうつくしま『第7回全国創作人形コンクール』
●雛のまち岩槻『創作人形公募展』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【掲載】
人形情報誌 P.D.N の14号に、紹介記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリ

ごあいさつ (5)
おしらせ (2)
創作人形 (170)
 作品の紹介 (6)
 人形制作 (68)
 髪結ひ (15)
 衣裳 (48)
 お細工物 (22)
 日本刺繍 (3)
 小道具 (8)
辰乃の人形教室 (16)
展示 (31)
イベント (7)
結髪師 (8)
歌舞伎 (1)
ひとりごと (4)
未分類 (7)
街歩記 (5)

最新記事

アーカイブ

*西暦をクリックすると月別アーカイブが表示されます

メールフォーム

作品についてのお問い合わせ、毛植え技法講習のお申込みは、こちらのメールフォームからどうぞ。 ※本文に、お名前・メールアドレス・職業・住所・電話番号を必ず記入してください。 ※ニックネームやユーザー名のみでのお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※携帯電話への迷惑メール防止のため、パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、こちらからの返信が受信できない場合があります。お問い合わせの際は、ocn.ne.jpのドメインが受信可能な設定にしてください。

検索フォーム

ホームページ

ツイッターはじめました

@dolltatsuno ←大きい画面で見れます
フォローしてね(^^♪

ランキング

『にほんブログ村』に参加しています♪

ブログ村 ブログランキング
美術ブログランキングを見る
創作人形ブログランキングを見る

FC2カウンター