難しい小さな着物・辰乃の人形教室

 生徒様の自作のお人形です。
身長は20センチにも満たない赤ちゃんのお人形。
小さくて可愛いですね。
このお人形サイズに合わせた着物をお教室で仕立てていきます。

F304n


赤ちゃんの 一つ身袷を作ります。
背縫い無し、胴裏無しの通し裏。
髪結ひ辰乃の創作人形 辰乃の人形教室


小さいので初心者には超難関ですが、
頑張って仕立てています。
仕立て易くするために、縫う順番を変えている部分もあります。

袖口と裾フキに真綿を入れていきます。
ふっくらと可愛いきものに仕上げましょ
 (*´▽`*)♪





※現在、新規募集はありません。




ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.12.01 | コメント(0) | 人形教室

辰乃の人形教室・新規募集は延期します

ブログ「髪結ひ辰乃の創作人形」をいつもご覧いただきありがとうございます。
かねてより告知しておりました「辰乃の人形教室・受講生新規募集」は、都合により延期いたします。
年内の募集開始は無理な状態です。
お待たせしておりましたが2019年の募集は中止となります。
次回募集の時期は未定です、今しばらくお待ちください。
よろしくお願いいたします。


髪結ひ辰乃の創作人形 辰乃の人形教室
髪結ひ辰乃の創作人形








ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.10.31 | 人形教室

お教室生徒様作品、お人形用の布貼り箱

お教室でお人形を入れる布貼り箱を作りました。
和柄ですが初心者でも扱いやすい木綿生地です。

辰乃の人形教室
30cmくらいのお人形を入れられる大きさです。

作り方の基本はカルトナージュと同じです。
厚紙で箱を組み立てるところもしました。
布貼り箱を作るのは初めてなので、
本番前に練習用として10cmほどの小箱を作りました。
(写真は撮ってないです(^^;
練習の甲斐あって、綺麗に仕上がりました。
よかったですね。お疲れ様でした。


内側は、柔らかいダブルガーゼのプリント生地です。

辰乃の人形教室


箱の中にクッション材を入れなくても良いように
内貼りに綿を入れています。
(カメラピンボケですみません~)

辰乃の人形教室

ふかふかのお布団を敷いたみたいですね♪
これで箱から出してすぐに遊べます(*´▽`*)


さて、次からのお教室は赤ちゃんのきもの
一つ身袷、通し裏で作ります。
裾と袖口に真綿を入れて、、、

楽しみ楽しみ (^o^♪












ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.02.03 | コメント(0) | 人形教室

お教室生徒様の着物が完成しました

久しぶりに、お教室の様子です。
完成して一息つきましたので、やっと写真を撮りました。
作業に熱中するあまり、いつも写真を撮るのを忘れます(笑)


お人形さんにぴったりの可愛い着物が出来ました。
生徒様作品。
子供のきもの 四つ身単衣長着です。

辰乃の人形教室

お袖の丸みも綺麗に出来ています。
キセかけも丁寧にしましたので
スッキリと仕上がっています。
単衣仕立てなので布端は本来は耳くけですが、
裁ち切りなので、三つ折りくけをしました。
細かい針目で丁寧に仕立てられています。
頑張りましたね。お疲れ様でした。


そして、
帯も作りました。

辰乃の人形教室


うしろは、文庫結び風の作り帯です。

辰乃の人形教室


月に一回の受講で、お教室でのみの作業でしたので、
完成までに2年ほどかかりましたが、
受講日数だけで数えれば、実質は、1か月掛かっていないことになりますね。

初めての和裁でしたが、
丁寧に、丁寧に、と集中しましたので
とても良い仕立て上がりになりました。

このあと、お人形を入れる布貼り箱も作りました。


次作は袷きものを作る予定です。
楽しみですね。









ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村


web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.22 | コメント(0) | 人形教室

もやしのひげ根を取りながら…

 きょうの夕飯は、、、

 じゃなくて!

 献立の話をしようと思ったのではないのだよ。
   .
   .
   .
   .

他の人がやってることって
いとも簡単そうに見えることがある。
でも、
「見る」と「やる」とでは大違いだ。



お教室などに通うと
「慣れれば簡単」とか言われることがある。
言った本人である先生は、さも簡単そうに作業されている。

わたしも、先日のお教室で、つい
「慣れれば簡単よ」と言ってしまった。

練習する時間を惜しんで自己流のやり方で作業をすすめ、
結果、作品は完成するも、なにか残念な…。
そんな経験が私にもある。
「慣れればね…」と溜め息をつきたくなる気持ちも解らないでもない。

早く作品を完成させたいという方向に気持ちが行ってしまう。
やる気満々な姿勢は褒めてあげたいですけど。






「慣れる」とは、練習を「重ねる」ということ。



自力で作れるようになるには、数をこなすしかない。

仮に、情報量の少ないままでも、作り続けていれば、
いつの日にか手も慣れて、自らコツを発見することもあるだろうが、
そういうのをタイミング良く教えてくれるのが
お教室なんだろうなと思っている。


しかし、だ。
コツを教わっただけで即座に身に着くわけではない。


幸いにも、受講者の皆さまは、そのあたりを理解してくださって。
そして、黙々と練習に励んでます♪





日本人形の職人が作業をしている様子を映した動画を見たことがある。

無駄な動きが無い。
手さばきが格好いい。
高効率とストレスフリーを感じる。

単純で簡単なことのように見える一連の動作は、
長年携わっている職人が編み出した技だ。



慣れれば「簡単」というコトバには
「身体が楽(らく)、気持ちが楽(らく)」という意味も含まれている。

同じ作業を長時間、何回も繰り返し、と続けていると、
「こうやったら楽、しかも時間短縮かも」というものが見えてくる。
こうした方法を考え付くまでの時間と労力をかけずとも、
この「コツ」を教わることができるのがお教室でありたい。
楽な方法を知れば練習もまた楽し。

そう、「楽」は「楽しい」!




きょうの夕飯は、、、何にしよう。
お料理なんて、何年もやってればフライパンの返しくらいは、
そこそこ上手くなるもんだよなと思ったりもしながら、
いやまてよ、
お料理教室に通っていたならば、
もっとレパートリー豊かな食卓になったかも知れない、
などと、
もやしのひげ根を取りながら献立に苦悩するのだった。うーん。






ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.10.25 | コメント(0) | 人形教室

お着物の解きと、シワ取り&スジ消し

辰乃のお人形の着物は、そのほとんどが人間用の着物(古着)を人形用に仕立て直しています。

古布は年に数回、着物の骨董市に出かけ探しています。
着物は、素材や織・染・色柄が多種にわたります。
が、
イメージに合った着物を探し当てるのは、そう簡単ではないのですよね。
予算なども考えなければ…ですし。

出会いを求めて足しげく通ってます。
出会いというか、もう一期一会なので、コレ!と思ったお品物は手に入れておきます。
そんなお着物が衣装ケースに溜まってきたので、お手入れをしました。



古着物は仕立てのままの状態で売られているものを入手してますが、
縫い目の中にホコリなどが溜まっている場合があります。
そのままにしておくと生地が傷みやすくなりそうなので、「お着物解き」をします。
仕立てをほどいて一枚の布に戻してあげるのです。



ほどくときは、仕立ての手順を遡るようにほどいていくと楽に早くできます。
当り前のことかもですがね。


初めてお着物解きをしたときは闇雲にやっていて随分と時間がかかった覚えがありますが、
今では、お着物解きは楽しみの一つでもあります♪
上手い仕立てをほどくのは仕立ての勉強にもなるのだよねぇ。
(四つ留めの力加減とか、袖の丸み仕上げの糸運びとか…いろいろ。
そのあたりの話は、また今度)



古い物は生地が弱っているものもあるので、気を付けながら丁寧にほどきます。


ほどいてみると、それまでさほど気にはならなかったシミなどが良く解るようになります。
古布
こういう傷んだ部分は使わないようにしています。

すべての縫いを解いたら、水洗い出来る素材はサッと洗っておきます。
洗いが出来ないものはホコリなどを払っておきます。

さて、
洗い張りをしない場合、
解いたところの縫い目や折り目がアイロンかけではなかなか取れないことがあります。
そんな困ったを解決する方法を書き留めておきます。




【シワ取り&スジ消し】

古布のシワ取り&スジ消し
シワや、縫い目についたスジなどをアイロンで消します。
織物の絹製品は中温でアイロンがけです。
ただし、

!スチームも霧吹きも使用禁止です!(/・ω・)/

でも、着物は縫い目折り目にきっちりとアイロンが当てられているので
中温・スチーム無し・霧吹き無しで全てを消すのは無理なのです。
水洗い出来るものはそれで殆ど消えますが、洗えないものは…、
で、どうやってやるのか。。。


1. まず、薄絹の当て布を用意します。
薄絹は、胴裏などに使われていたものを利用します。
解いた布で手に入ることもありますので、捨てずに取っておいて、きれいに水洗いしておきます。


2. 薄絹に霧吹きで水をかけます。
私は二つ折りにしたバスタオルの上に広げて霧吹きでかけています。
びしょびしょにならないようにササッとかけます。
余分な水滴はバスタオルに吸い取ってもらいましょう。
さらし布などは水分をたくさん含んでしまいシミになる恐れがありますのでお避け下さい。


3. 湿らせた薄絹を、気になるシワ部分の上に乗せます。
古布のシワ取り&スジ消し
この時、薄絹を乗せただけで着物地に水分が移るような場合は、水を含ませすぎです。


4. そのままでは滑りが悪いので、薄絹の上に和紙を乗せます。
中温のアイロンを当てます。
(画像では和紙は外しています)
古布のシワ取り&スジ消し


5. 大きなシワは取れましたが、縫い目のスジが取れていません。
古布のシワ取り&スジ消し


6. スジを消す時は、
汚れていない新しい面相筆を用意します。
水洗いして、糊気を落としておきます。
筆先に少しだけ水を含ませて、スジを軽くなぞるように少し水をつけます。
画像は水を付け過ぎた悪い例です。(-_-;)
古布のシワ取り&スジ消し
布表でスジの山になっているところにだけに付けると良いようです。
水洗い出来ないような刺繍や金彩などがある部分は避けてください。


7. 和紙を当ててアイロンをかけます。


スジがきれいに消えました!
古布のシワ取り&スジ消し



必ず布の目立たない部分で試してから行ってください。自己責任でお願いします。


お手入れの終わりました古布は、紙筒などにくるくる巻いておくと再びシワができにくくなります。
一反の反物に戻ったようで、眺めては くふふ♪ と至福を感じるの。
(*´▽`*)~♥



※ブログ内のすべての画像および文章は無許可で使用しないでください。




ブログランキングに参加しています
ポチッと応援してくれたら喜びます~
(*´▽`*)
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

テーマ:人形 - ジャンル:学問・文化・芸術

2014.11.05 | コメント(0) | 人形教室

«  | ホーム |  »

プロフィール

Kazue Minematsu (髪結ひ辰乃)

Author:Kazue Minematsu (髪結ひ辰乃)
人形表現者。
毛植え技法研究家。
お人形を作っています。
お人形の自然な生え際を毛植えで表現する技法を研究しています。
ブログには人形写真やその制作過程を中心に綴ってます。
*ブログ内のすべての画像および文章は無許可で使用しないでください。

おしらせ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
『辰乃の人形教室』
現在、募集はありません。
※新規募集時期は未定です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【出品予定】

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2019年の出品】
●横浜人形の家プチギャラリーBox展示
●チームコヤーラ
それからの人形達展
●ドールワールドフェスティバル
●神奈川地区センターまつり
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2018年の出品】
●神奈川地区センターまつり
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2017年の出品】
●ドールワールドリミテッド
●神奈川地区センターまつり
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2016年の出品】
●帝都創作人形會定例展示会
「第四回帝展」
●神奈川地区センターまつり
●第3回チームコヤーラ創作人形公募展
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【2015年の出品】
●チーム・コヤーラ主催「創作人形展 それからの人形達展」
●神奈川地区センターまつり
●帝都創作人形會定例展示会
 第三回『帝展』
●ドールアート展inうつくしま『第7回全国創作人形コンクール』
●雛のまち岩槻『創作人形公募展』

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【掲載】
人形情報誌 P.D.N の14号に、紹介記事が掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

アーカイブ

*西暦をクリックすると月別アーカイブが表示されます

お問い合わせ

※お問い合わせは、各記事コメント欄にお願いいたします。

ランキング

『にほんブログ村』に参加しています♪

ブログ村 ブログランキング
美術ブログランキングを見る
創作人形ブログランキングを見る

FC2カウンター